巻物

そよ風の吹く金曜の深夜に料理を

月と山と幻を酔いながら

毎日の日常の中で、「絵描き」の立ち位置ってどう思う?無関心って思う?「牛丼」は、君にとってはどんな意味があるんだろう。

ホーム

無我夢中で吠える友達と飛行機雲

お盆が間近になって、とうろう流しなどのイベントが近郊で遂行されている。
ほど近くのイベント会場では、竹やすだれで作り上げられたとうろうが置かれていた。
付近の観光施設では、夜分には電気のライトは付けられてなくてなくて、灯ろうの中の光だけというのは、すごく眩しかった。
竹やすだれに囲まれて明かりがついていて、マイルドな灯りになっていた。
やさしい灯火が四辺の樹々を照らし出していてめっちゃ幻想的だった。

雹が降った木曜の晩に食事を
少年は真夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みもすでに2週間ほど経った夏のことだった。
暑くて寝苦しくて深く眠れなかったようだ。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、全く涼しくない。

暑くて眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作り始めた。
冷蔵庫を開け、肉と野菜を取り出し、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けそうな時間には、台所からは、スパイシーなカレーの香りがしてきた。

息もつかさず歌う友達と暑い日差し

チカコとニューヨークのアバクロンビー&フィッチに入店した。
私はここのセレブっぽいコーディネイトが気に入っている。
あと、店内の高級感と、香水の匂いが。
3時間程度みて、Abercrombieを後にした。
すると、私は通路をふさいでいたので、失礼しました!と言い振り返る。
見ると、店員さんだと思っていたお兄さん。
笑いながら、大丈夫ですよ、と言っていた。
目についたのは、抱えている荷物。
アバクロでいったいどれくらい購入したの?と聞きたくなった。
その後、スターバックスで知佳子とその男の人の職業予測で議論をした。
ANSWERは謎だけど。

月が見える月曜の夜明けに熱燗を
タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもどこででも香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、家でインスタントを入れても楽しめるし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスタバだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのが、喫煙の苦手な私にはお気に入りだ。
おかげで、コーヒーの香りを楽しめる。
金額もそれなりだが、上質の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないと思う。
甘いもの好きには毎回コーヒーと、ついついケーキもオーダーしてしまうという落とし穴もある。

雲が多い木曜の明け方は歩いてみる

新人の頃、知識がなく、そこそこ大きな厄介なことをもたらしてしまった。
罪の意識を感じることはないと言ってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の方法も浮かんでくることがなく、泣いてしまった。
お客さんの一人が、スタバのマキュアートを差し入れと言ってくれた。
誤って2個もオーダーしちゃったんだ、と話しながら全く違う飲み物2つ。
高身長で、細身で、すっごく感じのいい表情をした良いお客さん。
嬉しかったな、と思う。

前のめりで熱弁する家族とよく冷えたビール
とっても甘いおやつが好みで、ケーキなどを自作します。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、焼いて作っていたのだが、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、とっても簡単でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
砂糖が少量でもニンジンや野菜自体の甘味があるので、笑顔で口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もテレビで言っているからごくふつうだけども、しかし、学生の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、お菓子をつくる男性がよくいるねと言われたりします。

のめり込んでお喋りする友人と俺

たしなむ程度の酒のおつまみには、絶対体に良い食材を!と考えている。
最近のお気に入りだったのは、キュウリ。
もっと前はサバ。
それにも飽きて、直近ではウナギだけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新しいメニューを考え出した。
お店で90円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、マーガリンで炒めて、味の素と塩を少々ふりかけて味付た物。
じゅうぶん値段は低め、カロリーも低い気がしませんか。

気持ち良さそうにダンスするあなたとアスファルトの匂い
プレゼントとして友達に貰った香水瓶は、落ち着いた香りがする。
私に似合う香水をイメージしてチョイスしてくれた香りで、ちっちゃくて飾りのリボンが可愛らしい。
香り自体も入れ物もどのように言っても華やかとは言えない香水だ。
ショップには多くのボトルが並んでいたのだけど、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズは本当に小さい。
小さくてシンプルで重宝している。
外出するときだけでなく、働く時も手提げの中に、家での仕事のときもそばに必ず置いている。
そのことから、カバンは、どれもこの匂い。
いつでも身に着けているので、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
ショップでいろいろ香水を試してみるのは好きなことだけど、この匂いが今までの中で一番気に入っている。

気持ち良さそうに話す家族と電子レンジ

休日の暇つぶしに、ポーラ美術館に入ってから、あの場所に虜にされている。
意外だったのは、一人でじっくり見にきている方も少なくなかったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がすごく以来私も、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとてもあの有名な横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の展示がたくさん。
その方は、有名な週刊新潮の表紙絵の人だ。
他にも、栃木県にある、竹久夢二の美術館で、大量のポストカードを買った思い出も。
そんな感じで、絵には常に素敵な時をいただいている。

ぽかぽかした火曜の昼は昔を懐かしむ
夏で催し物がものすごく増え、最近、夜分にも人の行き来、車の行き来がものすごく多い。
農村の奥まった場所なので、日ごろは、夜分、人の行き来も車の行き来もめったにないが、花火や灯ろう流しなどが行われており、人の通行や車の行き来がたいそう多い。
いつもの静まり返っている晩が妨げられて少しうるさいことがうざいが、日ごろ、元気が少ないへんぴな所が活気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
近所は、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の往来、車の通行があって、元気があると明るく感じる。

手裏剣


Copyright (C) 2015 月と山と幻を酔いながら All Rights Reserved.
巻物の端